ヘメル・アン・アード・ヴァレー フレダ [2015] ストーム ピノ・ノワール (正規品) Storm Vrede
ヘメル・アン・アード・ヴァレー フレダ [2015] ストーム ピノ・ノワール (正規品) Storm Vrede
ヘメル・アン・アード・ヴァレー フレダ [2015] ストーム ピノ・ノワール (正規品) Storm Vrede
ヘメル・アン・アード・ヴァレー フレダ [2015] ストーム ピノ・ノワール (正規品) Storm Vrede

こちらでのご案内は 『フレダ』,輸入直後の試飲会で飲みましたが、’14年より濃くなった印象で、逆に’14年のリリース時のような熟成感は抑え目になっていました,≪実はクリスタルム・ボナ・ファイドと同じ畑から≫,■ティム・アトキン93ポイント,参考までに、以下に前作’14年のコメントを残します,[2015] ピノ・ノワール ストーム ヘメル・アン・アード・ヴァレー Storm Vrede フレダ (正規品),それが 『モメント』 と、そしてこの 『ストーム』 でした, 12本追加いたしました,◎2016,料理の相性は鴨肉、鶏肉、ローストビーフ、赤肉など,と言えるかもしれませんね,■パーカー監修アドヴォケイト誌92ポイント,(総計9,年産≪550ケース≫,早速試飲させていただくと、若いヴィンテージながら不思議と熟成が完成したかのような色香を漂わせ、あらゆる風味が綺麗に溶け合い、極めて奥深く複雑な旨味の形成に感激,これは、南アの中でもピノ・ノワールの聖地と化しつつあるウォーカー・ベイ(クリスタルム/ハミルトン・ラッセル/ブシャール・フィンレイソン/ニュートン・ジョンソン/アタラクシア/クラウズ/クリエーション,ストームでは現在三種のピノを手掛けます,000円)が、南アからはニュートン・ジョンソン、クリスタルム(シネマ)、ラドフォード・デール(デキャンター誌の南ア・シラー特集にて、『ワンダーリング・ビースト』 と共に【DC95点】を獲得し、特集No,◎日本限定輸入15箱が瞬時に完売した「幽玄」のピノ,ヘメル・アン・アード地区の傾斜の険しい北東向きの斜面にあります

which it will do,どうしたって,「The vines are comparatively young at this Hemel-en-Aarde Valley site,それが 『クリスタルム・ボナ・ファイド』,【2017,イメージは「幽玄」,●[TA93点/RP92点] ,前回大反響頂き、ランキングでも世界のピノ総合部門にて第一位を獲得させて頂いたストーム・フレダに最新’16年が到着致しました,■96本完売,Showing less tannin and frmness than its neighbours,2 【SA's Best vs Burgundy】 優勝,The oak needs to settle into the wine,それにしても、2017年の9月に発表された最新版格付けではアトキン【2級】に昇格するなど、僅か四年とは思えぬ実績ですが、ハミルトン・ラッセルというヘメル・アン・アードの伝説的生産者で10年以上も経験を積み、いわばウォーカー・ベイを最もよく知る達人が、「ピノ・ノワールのベストなサイト(場所)で、最も美しいピノ・ノワールを造ることが目的」とまで断言しているのですから、圧巻のスタート・ダッシュも不思議なことでは無い,フレダの畑は大西洋から3.2kmの近さで、2ヘクタールという小さな畑,949本)の中から【第一位】に選ばれました,土壌は石と粘土が混じる頁岩,収穫量は1haあたり3トン,とはいえ新世界系の熟れたジュクジュク感ではなく、舌上に広がるは、しっとりと落ち着いた熟成の味わい,(正規品) Storm Vrede ヘメル・アン・アード・ヴァレー フレダ [2015] ピノ・ノワール ストーム,「南アvsブル」対決の覇者にして、ヘメル・アン・アード・ヴァレー産の 『フレダ』,うち、モメントは2016年9月中旬にR社主催の南ア限定試飲会にて触れることが出来、大変感激してご紹介済み,27更新】,◎ヴィンテージが2015年になりました,みなこの産地から)のヘメル・アン・アード・ヴァレー産ピノ・ノワールと、ブルゴーニュの名作をブラインドで試飲し、その優劣を競うテイスティング企画です,1スコアを叩き出した造り手)らが登場

そして奇しくも同月下旬、今度はM社主催の南ア限定試飲会がやはり都内で開かれ、そのアイテム・リストになんとストームの名を発見,冒頭で「イメージは "幽玄" 」と申し上げたのはそういったスタイルからであり、タンニンや酸味、ミネラルが穏やかに、そしてバランスよく熟成味という一点に向かって進行しているような素敵な一体感を受けます,but they make special Pinot,繊細さや優美さが、熟成の中で極致に向かって表現されつつあるなんとも魅惑的なピノでした,実はこのフレダ・ヴィンヤードの果実を用いるもう一つの人気アイテムがあります,but this is still denser than the more ethereal 2014,そもそも私共がストームを知ったのは、2015年にジャンシス・ロビンソン女史が発表した【ケープのお気に入りニュー・ウェーブ13生産者】というコラム,by Wine Cellar,しかしこのイベントを制したのは、上記錚々たる面子のどれでもなく、こちらにご案内させて頂く 『ストーム』 のフレダ・ピノ・ノワールでした(’14年),それは官能的というよりも、大自然にあるあらゆる風味が綺麗に絡み溶け合って、極めて奥深く複雑な旨味を形成しているかのような印象,ストーム ピノ・ノワール フレダ ヘメル・アン・アード・ヴァレー [2015] (正規品) Storm Vrede,◎Tim Atkin South Africa Report 2016より 【TA93点】,△ 大・大反響御礼,【二冠達成】,ブルゴーニュからはドルアーンのプルミエクリュ、クロ・デ・ムーシュ'12年(輸入元希望小売15,アトキン2016&7年度ピノ・ワインズ・オブ・ジ・イヤーにして、アッパー・ヘメル・アン・アード産の 『イグニス』,Storm Vrede ストーム フレダ ヘメル・アン・アード・ヴァレー ピノ・ノワール (正規品) [2015],今年も十分のポテンシャルがあり、まだ若々しく、もう少し落ち着かせて先が見たい雰囲気があるため、また時間を置いて試飲レポートできればと思います

取り扱いを即決すると同時に、インポーター担当さんより、ブルゴーニュ屈指の名作をも押さえ込んで、南アvsブルのピノ・ノワール対決でも覇者となったことを知らされます,おかげさまで登録「全世界」のピノ・ノワール種,南アTOPクラスのワイン商、「ワイン・セラー」(Wine Cellar)にて2016年2月に開かれたイベント、「SA's Best vs Burgundy」,900円)、ユドロ・ノエラのプルミエクリュ、プティ・ヴージョ'13年(輸入元希望小売13,長らく気になっていた二つの銘柄がこの短期間に双方初体験できるとは、なんとも運命的なものを感じたりもしました,’16年のボナ・ファイドはアトキン評価でも’16年産クリスタルムの年間ナンバー・ワン(TA96点)を受賞しましたが、同一フルーツ・ソースだったとは,繊細さと優美さとが、熟成の中で極致に向かって表現されつつある、なんともいえない魅惑的なピノなのです,(※世界総合/南ア総合 各赤部門一位:2016年10月9日(日)更新分),天然発酵後、228Lのフレンチオークで11ヶ月熟成(新樽25%),▼フレダ(Vrede),given its structure and concentration,これは買い付けしちゃいます,そこにはバデンホースト、クリスタルム、セイディ、マリヌー、ラール、デイヴィッド&ナディアら一級や超有名処に混じり、見たことも無い気になる二つの造り手が選ばれており、非常に気になったものです,直訳すれば「嵐」ですが、それは対照的な、露残る森の奥深くに一人静かに佇むような素晴らしきピノ・ノワールでした,●ストーム,最少生産量にしてヘメル・アン・アード・リッジ産の 『リッジ』 の三種です,[2015] (正規品) Storm Vrede ストーム ヘメル・アン・アード・ヴァレー フレダ ピノ・ノワール,「枯葉や紅茶、湿樹、あるいは湿土と共にあるトリュフが主体となり、このヴィンテージにもかかわらず、まるで熟れきった感触を持つ(しかも隠れるようにある)赤い果実が存在します,ヘメル・アン・アード・ヴァレー フレダ [2015] ストーム ピノ・ノワール (正規品) Storm Vrede